• 他のアクセサリー

    貴方の運転者とトラックの生産性を上げることができるオプションを発見しましょう…

    Yale®では、貴方の用途と作業環境の中で利用できる、広範囲のオプション機器、およびアクセサリーを製造しています。

  • 作業照明

    +

    • 顧客用途ニーズを満たす多くの照明オプションを、Yale®は提供しています。
    • オプションにはLEDおよびハロゲン照明が含まれており、天候、ショック、および振動の影響による破損に抵抗し、低い周囲光環境でも見通しを良くすることを目指して設計されています。

    可聴・可視警報機器

    +

    • 追加の警報機器は特定の用途においては有益かもしれません。それは個々の作業場に特有の要因に依存するので、評価するには資格のある安全専門家の支援が必要かもしれません。
    • 可聴・可視のデバイスが特別の作業環境において有益かどうかを決定するには、以下を含むいくつかの要因が考慮されるべきです:

    可視デバイス-フラッシュ、回転、およびストロボ照明

    • 視覚的なデバイスの配置は使用機器と作業場の条件に基づいて考慮されるべきです。
    • 照明は、頭上に近い障害物を取り除かなければならず、輝いたり、運転者の目に過度に反射してはなりません。
    • 遮蔽は光の可視性を歩行者に対して制限するかもしれません。
    • 照明の色は、固定機器の照明、もしくは作業場の背景色とは異なっているべきです。
    • 作業場の照明条件および反射面。

    可聴デバイス -バックアップまたは動作アラーム

    • 出される音は、運転区域の他のノイズを圧倒して聞こえるように十分に大きくなければなりません。
    • 音は、作業エリアの他のノイズあるいは可聴デバイスから容易に識別可能であるべきです。
    • 可聴デバイスは従業員をノイズに露出する一因となり、国内もしくは国際的なノイズ制限を超過するかもしれません。
    • 聴覚保護は、可聴デバイスを聞きとり、音が来る方向と距離を決定することをより困難にします。
    • 可聴デバイスは運転者と作業者にとって迷惑となる可能性があり、解除されるかもしれません。
    • 可聴デバイスは、近隣の居住者からも反対が出るかもしれません。

    利用可能なオプション警報機器

    +

    • LEDストロボ照明-歩行者、および機器の近くにいる他の機器運転者に警告を出すことができます。 低く取付けられたストロボ照明オプションは、ストロボが運転者の視界範囲で光るのを防ぐために、シールドを含むことができます。
    • ホーン・ボタンを備えたリア・ドライブ・ハンドル-逆進するときに運転者の右手の安定した位置を確保するためのもので、衝撃保護のために機内に備えられています。ハンドルは、運転者が操向ハンドルの中心に手を移動させる必要なしに、ホーンを鳴らすことを可能にするために、ホーン・ボタンを備えています。
    • 逆進運転可聴式警報-機器の周囲にいる歩行者や他の機器運転者に警報を鳴らすことができます

    追加的運転者・用途オプション

    +

    • 密封式運転手台-悪天候から運転者を保護します。より強度のある強化ガラスを特徴とし、ウィンドウ取り外し式の非常口、および運転者の耳へのノイズレベルを下げる追加防音を含んでいます。
    • 運転者が選択できる性能モード-運転者に、特定用途に最も適した性能を選択することを可能にします。また、新しい運転者が制限付きでリフトトラックの作業特性を学習できるよう、監督者がユニットの最大性能を低下させることを可能にします。
    • 衝撃モニター-ユニットを不能にし、監督者が再度ユニットを動作可能にするまで使えなくします。 これは、ユニットをより制御して運転することを運転者に促します。
    • パノラマ・二重バックミラー-トラック背後の運転環境を観察する際の、およびテールスイング・エリアにおける運転者への補助器具として有用です
    • UL GS、LP、D -「保険会社研究所」(UL)評価ラベルは、認可された建築基準詳細とともに、機器によって提供されるスパークの生成に対する付加抵抗についての情報をユーザーに提供します。それは、製品が機能不全を起こしたときの、メインバッテリーの機械的な切断を含んでいます。
    • 自動ハンドブレーキ-トラックが停止して、アクセルインプットが要求されないとき、自動的にハンドブレーキがかかります。 この機能は、運転者がブレーキをかけ忘れたとき、フォークリフトが動くことを防止します。

  • 貴方の用途向け部品およびアクセサリーに関するより詳細な情報が必要な場合は、貴方の地元エール・ディーラーにご連絡ください。