配送センターの業務とリフトトラックフリートの活用を最適化するためのベストプラクティス

DCメトリクスの向上

要約

自動運転車はSFの世界の話であり、大胆な未来の予測であるとされた時代は過ぎました。全自動運転技術は、開発が進み、展開可能なソリューションに発展しています。

ライドシェア企業自動車メーカーがこの開発に資金提供し、自動運転車の試験的プログラムを確立するなど、自動車市場は、この開発で最も競争が激しい分野の1つです。LiDAR などの技術を搭載した自動運転車は、道路状況を「検知」できます。このような技術を取り入れることで、車両は在庫保管場所の通路、コンベヤライン、その他の倉庫インフラを「確認」することができます。

製造業や配送センターには、数十年間、特定の用途で従来型の無人搬送車(AGV)を使用してきた自動運転車の歴史があります。マテリアルハンドリング産業の成長に伴い、技術は進化し、導入されています。このホワイトペーパーでは、ロボット技術の進化、技術の導入を促進する資金力や運用力について分析します。

このホワイトペーパーでは、ロボット技術の進化、自動荷物運搬ソリューション、導入を促進するバリュードライバーについて分析します。